TOPイメージ



対人援助職のための講座
ソーシャルワーカー養成課程  
後援:京都市、京都市教育委員会


“丁寧に聴く”を体験的に学ぶ ─「感じ」に寄り添い、心で聴く ─
  面接場面などで他者の話に耳を傾ける時、ついアドバイスをしたくなったり、話を引き出そうとしすぎてしまったりすることはありませんか?
 他者に寄り添い、耳を傾けたいと思う時、私たちは相手とどのように居ればよいでしょうか。難しいことも多いです。
 本講座では、「感じること」を中心に、“ 丁寧に聴く”ことを体験的に学びます。初めて学ばれる方は、“ 聴く”ことの体験を重ね、話し手や聴き手の「感じ」に触れていきます。さらに学びを深めたい方は、話し手や聴き手の「感じ」を言葉にすることで生じる新たなプロセスも体験していきましょう。

受講生の声
  • 絵や言葉でイメージを伝えること、聴いてもらえることが心地よいと気づいた。
  • 自分自身をゆっくり見つめなおし、気持ちを落ち着かせる有意義な時間をすごせた。
  • アドバイスや励ましではなく、その人の気持ちにただ寄り添うことができるようになった。

日時 2022年5月14日(土)~9月3日(土) 土曜日 13:30~17:00 全5回
時間数 17.5時間
受講資格 心理、福祉、教育、医療などの分野で相談援助活動に携わっている方。
定員 15名(希望者少数の場合、不開講になることがあります)
受講料 25,000円
申込締切 2022年5月7日(土)
申込方法 お申込フォームより、エントリーしていただくか
研修申込書(PDF形式)に必要事項をご記入の上、当センターまで郵送して下さい。
Fax で送られる場合は送信後にご確認下さい。
受講料は受講決定のご連絡後に郵便振替にてご送金下さい(通信欄に講座名を明記のこと)。
郵便振替 宛先 01010-7-24547 社会福祉法人 京都国際社会福祉協力会
毎週土曜日 13:30~17:00 全5回 (17.5時間)
第1回
5月14日(土)
ひたすら聴く
第2回
6月11日(土)
理解したことを伝える
第3回
7月16日(土)
話し手の「感じ」に耳を澄ます
第4回
8月20日(土)
聴き手自身の感じに注意を向ける
第5回
9月3日(土)
聴き手の感じを話し手に伝える
※毎回、どのうような体験であったかを分かち合います。この分かち合いが、聴くことの理解を深める1つにもなります。また、さらに学びを深めたい方には、次のステップを体験できるようにします。



ページTOP