家族面接


家族療法は、家族に(家族のどなたかに)起こっている問題・課題を家族と一緒に解決しようとするものです。不登校、ひきこもり、非行、問題行動など、家族や家族のどなたかが抱える問題や症状に取り組みます。家族と面接者が一緒に考え、状況が変化し、その問題が解決することを目指すものです。


担当:ファミリーセラピストの団士郎先生(立命館大学大学院教授)を中心とする複数の専門職スタッフが
    チームを組んで行います。

料金:1回 約90分 12000円(面接は月に1回のペースを基本に行います。)

場所:京都国際社会福祉センター 東館 家族面接室


〜 担当プロフィール 〜

   団 士郎 (だん しろう) 立命館大学大学院教授
1947年5月滋賀県大津市生まれ。同志社大学文学部心理学科卒業。京都府京都児童相談所の相談判定課長、京都府精神薄弱者更生相談所(現知的障害者更生相談所)の所長補佐を経て、1998年に独立。『仕事場D・A・N』を主宰。立命館大学大学院教授。日本全国で、対人援助に関わる人々のために家族療法の研究会や講演会を行う。

(主な著書)『家族力×相談力』 文春新書 2008、 『家族の練習問題〜木陰の物語〜』 ホンブロック 2006、
      『ヒトクセある心理臨床家の作り方』金剛出版 2002、『知的発達障害の家族援助』(編著) 金剛出版2002、
      『不登校の解法』文春新書 1999、『父親と家族療法』(共著)ミネルヴァ書房1995、
      『非行と家族療法』(共著)ミネルヴァ書房 1993、『登校拒否と家族療法』(共著)ミネルヴァ書房 1991。




     早樫 一男 (はやかし かずお) 同志社大学教授
 
1952年2月京都市生まれ。追手門学院大学文学部心理学科卒業。臨床心理士。福知山、中央、宇治の各児童相談所の心理判定員、宇治児童相談所指導係長、知的障害者更生相談所所長補佐、身体障害者更生相談所次長、福知山児童相談所長、京都府淇陽学校長(児童自立支援施設長)、宇治児童相談所所長を歴任。現在同志社大学心理学部教授を経て、現在は児童養護施設長を務める。1985年より2年間、G.D.シメオン氏に家族療法を学ぶ。京都国際社会福祉センターにおいても、他の専門職スタッフと共に家族面接を担当している。

(主な著書)『更生相談所事務マニュアル』(分担執筆)中央法規出版 2003、
      『知的発達障害の家族援助』(編著)金剛出版 2002、『非行臨床の実践』(分担執筆)金剛出版 1998、
      『父親と家族療法』(共著) ミネルヴァ書房 1995、『非行と家族療法』(共著)ミネルヴァ書房 1993、
      『登校拒否と家族療法』(共著)ミネルヴァ書房 1991。




   千葉 晃央 (ちば あきお) 京都国際社会福祉センター 社会福祉士

立命館大学大学院人間科学研究科修士課程 臨床心理学領域 家族クラスターを修了。2001年から「家族をテーマにした事例検討会」を主催。月1回の開催で現在12年目。京都国際社会福祉センターの家族療法課程の全ての研修を修了し、家族療法課程、家族面接のスタッフとして研修、支援に関わる。日本家族研究・家族療法学会、日本家族心理学会、日本社会福祉士会、京都社会福祉士会に所属。対人援助学会理事。

(著書など)「発達障害者の就労問題と家族支援」(分担執筆) 家族心理学会年報29「発達障害と家族支援」 金子書房 2011 
      「家族療法による知的障害者とその家族への支援」 京都国際社会福祉センター紀要 2009
                                             △ このページのトップへ

研修課程のごあんない

当センターでは、みなさまの必要性やご希望、経験に応じた、様々な研修を企画しております。研修課程一覧ございますので、講座選択のご参考にして下さい。

研修についてのご質問・ご相談は

研修の選択や受講については、当センターのスタッフがご相談に応じます。お気軽にお問合せ下さい。

KISWECメンバ−シップへのお誘い

KISWECでは皆様のご協力とご支援に感謝し、メンバーシップ制度を設けております。詳しくはこちらをご覧下さい。